巻き爪治療について

VHO式巻き爪矯正法
 ●
爪を深く切り込んでいても施術が可能です
 ●施術当日から、入浴・運動も可能です
 ●自由診療になります

   
  治療前                ワイヤーをかけた状態

   
 治療前                      治療後5ヶ月経過

【施術方法】
(1)専用のスチール鋼を爪の大きさに合わせて切り、爪の状態に合わせてワイヤーを湾曲させます。
(2)これを爪の左右に引っ掛け、専用のフックを用いて巻き上げ、固定します。
(3)余分なワイヤーをカットした後、ワイヤーの固定部分をカバーします。
通常、施術して約3ヶ月後に付け替えを行います。
これを半年から1年かけて矯正していきます。

VHO式巻き爪矯正法 (1ワイヤーにつき) 8000円(税込)

※施術費は保険適用ではありませんので自由診療になりますが、その後の診療は保険診療でおこないます。
VHO式巻き爪矯正法は予約にておこないます。
 ご希望の方は、事前にご予約をお願いいたします。


VHO式巻き爪矯正法 記事
☆肥厚した巻き爪(H30.10.3掲載)
☆埋没している爪(H29.12.7掲載)
☆爪の変形が治ると爪の色がよくなります(H29.12.6)
☆肥厚した爪の治療の工夫(H29.12.5掲載)
☆これも巻き爪(H28.9.13)
☆巻き爪治療(H28.2.19掲載)
☆巻き爪治療困難例(H26.12.19掲載)
☆VHO式巻き爪治療法(H22.4.16掲載)


足の爪 関連記事
☆土手に埋もれた陥入爪(H30.10.23掲載)
☆治療に難渋した陥入爪(H28.12.16掲載)
☆陥入爪の治療〜チューブを用いた処置〜(H26.2.21掲載)
☆爪周囲炎と陥入爪(H25.2.19掲載)
☆陥入爪(H23.6.3掲載)
☆巻き爪?(H17.11.8掲載)

home