☆顔のしみ治療(H26.5.13掲載)

フォトシルクプラスを使ったしみ取り治療を紹介します。
しみの治療は、光治療機で処置をしてから肌が落ち着くまで4週間かかりますので、1ヶ月に1回のペースで治療することができます。
今回は、治療を4回された方を2例紹介します。
★両頬全体を一月ごとに4回治療しました。
   
 (初回治療前)              (4回目終了)
左目周囲と唇上のしみが薄くなり、全体的に明るくなっています。
★この方も、両頬全体を一月ごとに4回治療しました。
   
 (初回治療前)              (4回目終了)
右頬のしみが薄くなり、肌のきめが細かくなってお化粧のノリも良くなりました。
しみ治療は、治療して1週間までは色が濃い部分は茶褐色になり目立ちますが、お化粧で目立たないようにできます。
2週間でほぼ落屑して色素部分の色が薄くなります。
必要であれば、4週間後に引き続き治療します。
紫外線の強い時期は、外出時に日焼け止めクリームを塗ったり、つばの広い帽子を被るなどして、しっかりと日焼け防止をしてください。
山本尚


使用した光治療器です。
 
機種名は、フォトシルクプラス
色素性病変(シミ、老人性色素斑、そばかす)、小じわ、色ムラ・くすみの改善、にきび痕の治療を行います。


形成外科外来ページ に戻る

home