☆顔のシミ治療(光治療)(H27.11.13掲載)

紫外線による皮膚のダメージは毎日積み重なっていきます。
冬に紫外線が弱まるので、シミの治療は今が最適です。
広範囲のシミをとるには一般的に光治療といわれているIPLが適しています。
顔全体の細かなシミも改善しますが濃い部分ほどよく反応します。
レーザーによるシミ治療後の皮膚は丸裸状態なので紫外線からしっかりと皮膚を守るようケアをしていただいています。
写真の症例の方は、お化粧で隠れるほどに薄くなりました。
   
 (治療前)               (治療後1週間)


使用した光治療器です。
 
機種名は、フォトシルクプラス
色素性病変(シミ、老人性色素斑、そばかす)、小じわ、色ムラ・くすみの改善、にきび痕の治療を行います。


山本尚


形成外科外来ページに戻る

home