☆デイリーUVケア(H28.5.10掲載)

7:00 紫外線指数16%
 紫外線は朝7時〜8時ごろから徐々に強くなります。
 洗濯物干しやゴミ出しなどの短時間でも紫外線のダメージは少しずつ蓄積していきます。
 天気に関係なく、朝起きたらすぐ顔のUVケアすることを習慣づけましょう。
 パウダーの粒子には光を反射する働きがあるため、パウダーファンデーションのみでも効果があります。


10:00
 紫外線指数82%
 紫外線は窓ガラスを通過して降り注いでいます。
 特に午前10時〜午後2時は、一日のうちで紫外線が最も強い時間帯。
 腕は日焼け止めを塗らなくても長袖の衣類を着るだけでかなり紫外線を防ぐことができます。

12:00 紫外線指数100%
 日焼け止めの塗る量の目安は、顔全体で五百円玉大くらいをこんもりと。
 規定量を心がけ、少なめに塗るときはパウダーファンデーションを重ねましょう。
 ふだん使いなら、「SPF20」「PA++」を目安に。
 紫外線に敏感な人は、少し高めのものを選ぶといいでしょう。
 屋外では、日焼け止めに加え日傘や帽子などを併用すると紫外線を遮る効果がアップします。
 日傘や帽子の裏地は黒を選びましょう。
 日傘や帽子は2年ほどで劣化してくるので、新調するかUVスプレーをして補強しましょう。
 首にはスカーフ、手はUV手袋でガードすると、シミやシワが増えるのを防ぐことができます。
 目が多量の紫外線を浴びるとメラニンが増えるので、サングラスなどできちんとガードしましょう。

16:00 紫外線指数19%
 日焼け止めは2〜3時間ごとに塗りなおしを。
 汗をかいたり、水でぬれた時も必ず塗りなおしをしましょう。

  ★簡単メイクなおし★
    脂取り紙で余分な皮脂を押さえ、メイクが崩れてしまった部分にパウダーファンデーションを肌に置くように塗る。



紫外線ミニ知識
 晴れの日を紫外線を100%とすると、くもりの日で60%、雨の日で30%降り注いでいます

            > 
 紫外線量  100%   60%    30%



こちらの内容はリーフレットを用意しておりますので、ご希望の方はお申し出ください。




子どものデイリーUVケア

形成外科外来ページに戻る

home