☆しみのレーザー治療(H28.9.13掲載)

気になるしみだけを治療することができます。
     
          治療前                        治療3日後                    治療2週間後
レーザー照射中は冷風を吹きかけながら行ないますので痛みや熱さは我慢できる程度です。
治療時間はこの例では1〜2分です。
洗顔や入浴は当日から、お化粧は翌日からしていただけます。
2〜3日後には黒いかさぶたになりますがお化粧やコンシーラーで隠すことができます。
かさぶたは1週間ほど経つとはがれますので、無理にはがさないようにします。
きれいに取れた場合はピンク色の若い皮膚ができますので、日中の日焼けを避け、こすらないように注意が必要です。
濃いしみの場合は、2〜3回の治療が必要になります。
レーザー治療後に炎症が続き色素が沈着する場合もありますので、治療後は定期的に受診してください。


使用したレーザー治療機です。
 
 機種名は、Accolade(アコレード)
 シミ(肝斑・老人性色素斑・ADM)、刺青(黒・青・緑)、小皺、肌のきめ、にきびの改善などを行います。


(山本尚)



形成外科外来ページに戻る

home