☆イボのレーザー治療(H30.6.13掲載)

尋常性疣贅と言われるウィルス性のイボは子供の手足にできて次第に広がり治りにくいものです。
当院ではイボに厚みがあり硬いときは炭酸ガスレーザーでイボ全体を焼きます。
やや深い傷ができて約2週間で埋まっていきます。
そのままにすると再発する可能性がありますので、色素レーザーを数回照射して治療しています。

症例1)14歳男の子 足裏
     
        治療前                     炭酸ガスレーザー治療後                 色素レーザー照射

  
          イボは、ほぼ消失しました

症例2)33歳男性 足裏
     
        治療前                    炭酸ガスレーザー                     色素レーザー照射

    
          色素レーザー照射後                イボは、ほぼ消失しました

イボが大きくなる前なら色素レーザー照射だけで治る場合もあります。
次第に大きくなるイボや数が増えるイボは早めの治療をお勧めします。
(山本尚) 


形成外科外来ページに戻る

home