褥瘡の治療もレーザーで(H31.1.24掲載)

かかとにできた床ずれ(褥瘡)です。

  

3×2.5cmの大きさでかかとの骨近くまでの深い傷があり治りにくくなっています。
レーザー照射治療を行い、自宅では毎日傷を洗い殺菌剤の軟膏を塗りました。

  
     3ヵ月後                         6ヵ月後

治療開始3ヵ月後には2×1.5cm、6ヵ月後には1.5cm×1cmに縮小しましたのでレーザー治療を中止して抗菌薬投与のみで治療を続けました。

  
     8ヵ月後                            9ヵ月後

治療開始8ヵ月後には傷は7×5mmになり9ヶ月で傷は閉鎖して治療を終了しました。
一度できた
褥瘡は治りにくいので長期に及ぶ治療が必要です。
皮膚科や形成外科の先生にご相談ください。
(山本尚)

使用したレーザー治療機です。
  
機種名はスマートサイドドット
黒子とり、にきび瘢痕、にきび痕、瘢痕、傷跡の凹凸痕、しわ、たるみ、毛穴の開大、スキントーン・テクスチャーの改善治療を行います。

形成外科外来ページに戻る

home