☆イボ・ホクロのくり抜き法(H31.3.7掲載)

できものを切除するときにバイオプシーパンチを使って切り取る方法です。

 

局所麻酔したあと、柄に円型の刃がついたビオプシーパンチでできものの周りを円く切ります。
できものの下で切り離し、皮下と皮膚を縫って傷を閉じます。
短時間で切り取ることができ、切り口がきれいなので傷跡も目立ちにくくなります。
腰のホクロを直径5mmのバイオプシーパンチで切り取りました。

   

もう1例は手にできたイボです。直径8mmのバイオプシーパンチで切り取りました。

   

(山本尚)

医療の豆知識 に戻る

home